無酸素銅

世界最大級の生産量と品質から生まれた無酸素銅の頂点「クラス1」。

SHカッパープロダクツは、無酸素銅の量産化にわが国で初めて成功して以来、銅条、電気用伸銅品、加工品などを一貫生産。現在、無酸素銅製品においては世界最大級の生産量を誇っています。この高品質無酸素銅の製造技術をさらに極限まで高め、電子管用無酸素銅の米国規格ASTM_F68におけるグレード(Class1~5)中、最高グレードであるClass1をクリアする「無酸素銅クラス1」を開発しました。この製品は、特に超高真空中での優れたガス放出特性により、国内はもとより海外からも高く評価されています。

高品質を支える一貫生産体制と工程管理。

SHカッパープロダクツは、全連続鋳造設備に独自に開発した真空脱ガス装置により、銅中のガスを極限にまで低減させることで無酸素銅クラス1の量産化に成功しました。この技術をもとに鋳塊から製品までの一貫生産と厳格な工程管理により、高品質の無酸素銅をお客さまに安定供給することができるようになりました。

他社の追随を許さぬ極低温用無酸素銅と高品質銅合金の開発

クラス1以外にも高純度な無酸素銅の特長を生かし、ジルコニウム、銀、錫などの微量元素を添加した各種用途別銅合金や、超電導分野での二一ズに応えて極低温下での電気抵抗が従来の無酸素銅の1/2以下となるCG-OFC(Cryogenic-OFC)を開発しました。
他社の追随を許さぬ当社独自の先進技術に支えられて、無酸素銅は、超高真空機器を始めとして、半導体、超電導など先端技術分野で多大の効果を発揮しています。

高純度、高加工性、高熱伝導性…
脱酸銅やタフピッチ銅では得られない無酸素銅だけのアドバンテージです。

■各種純銅の特性比較
名 称 無酸素銅
(OFC)
りん脱酸銅
(P-DCu)
タフピッチ銅
(TPC)
JIS合金番号 C1011 C1020 C1220 C1100
化学成分規格値 Cu*1 >99.99% >99.96% >99.90% >99.90%
O2 <10ppm 規定なし 規定なし
(弊社品測定例3ppm) (50ppm程度) (400ppm程度)
P <3ppm 規定なし 0.015〜0.040% 規定なし
密度
(g/㎤)
鋳塊 8.90 8.90 8.4〜8.6
加工品 8.94 8.94 8.89〜8.94
高温時のガス放出 きわめて少ない 高温真空中にて
りん揮発
少ない
材質の均一性
導電率(%IACS) 102 82 101
熱伝導率(w/m・k) 391 339 381
耐水素脆性 不可
深絞性
酸化膜密着性 不可
軟化温度 やや高め 高め 低め

*1:銀を含む

■無酸素銅、ステンレス鋼、アルミ合金の特性
名称 無酸素銅
(C1011)
ステンレス鋼
(SUS304)
アルミ合金
(A6063)
密度(g/㎤) 8.94 8.03 2.71
融点(℃) 1,083 1,425 630
導電率(%IACS) 102 2 58
熱伝導率(W/m・K) 391 16 201
縦弾性係数(N/㎟) 118,000 193,000 69,000
剛性率(N/㎟) 44,000 72,000 26,000
引張強さ(N/㎟) 220 680 140
伸び(%) 45 55 25
曲げ疲労強度(N/㎟) 162 785 107
線膨張係数(×10-6/℃) 17.0 17.3 23.0

SUS304:Fe+18%Cr+8%Ni
A6063:AI+0.7%Mg+0.4%Si

■各国の無酸素銅規格
材料規格 国名 日本 アメリカ イギリス ドイツ
番号 JISH2123 ASTMB170 BS6017 DINI787
名称 無酸素銅形銅 Oxygen-free
Electrolytic
Copper Refinery
Shapes
Oxygen-free
Refined Copper
Oxygen-free
Copper without
deoxidizer
記号 1種
C1011
2種
C1020
Grade 1
C10100
Grade 2
C10200
Cu-OFE
C103
Cu-OF
C110
OF-Cu
2.0040
化学成分 Cu*2
(%)
99.99
以上
99.96
以上
99.99
以上
99.95
以上
99.99
以上
99.95
以上
99.95
以上
O2
P
(ppm)
10以下
3以下
10以下
規定なし
5以下
3以下
10以下
規定なし
10以下
3以下
規定なし 規定なし
関連の銅製品の規格 JIS
H3510
電子管用
無酸素銅
板・条
棒・線
JIS
H3100
3140
3250
3300
銅及び
銅合金

ブスバー
棒・管
ASTM
F68
電子機器用
無酸素銅
(Class 1〜
Class 5)
ASTM
B75
B152
B248
管・板
条・棒
BS2870~2875
銅及び銅合金
条・管
棒・板
DIN40500-Part 4
電気用銅材料

SHカッパープロダクツは、上記全ての規格に対応可能です。
*2:銀を含む。

高純度無酸素銅クラス1や極低温用無酸素銅など
あらゆるニーズに応える無酸素銅。

分類 名称 品名
[CDA合金番号]
化学成分
[wt%]
導電率
[%IACS]
軟化
温度
[℃]
特長 主な用途
無酸素銅 無酸素銅クラス1 C1011-C1
(クラス)
[C10100, ASTM F68,Class 1]
Cu:>99.99 101 200 ガス放出量が最小
健全な結晶組織
粒子加速器
送信管、電子管
導波管、ターゲット材
極低温用無酸素銅 CG-OFC
[C10100]
Cu:>99.99 101 200 極低温下の電気抵抗が極小 超電導安定化材
無酸素銅1種
[電子管用無酸素銅]
C1011
[C10100]
Cu:>99.99 101 200 導電率、溶接性、加工性に優れる
酸化膜密着性にも優れる
真空遮断機、送信管
マグネトロン、ターゲット材
無酸素銅2種
[汎用無酸素銅]
C1020
[C10200]
Cu:>99.96 100 200 導電率、溶接性、加工性に優れる 通信ケーブル導体
電子機器用ヒートシンク
他全般
ジルコニウム〔Zn〕系 低Zr無酸素銅 HCL®-02Z
[C15150]
Cu+Zr:>99.96
Zr:0.015~0.030
97 450 耐熱性は純銅系では最高レベル、ダイレクト
ワイヤボンディング性及び樹脂密着性が良好
半導体リードフレーム
Zr無酸素銅 C151
[C15100]
Cu+Zr:>99.96
Zr:0.05~0.15
94 500
高Zr無酸素銅 C150
[C15000]
Cu+Zr:>99.96
Zr:0.10~0.20
92 500 耐熱性は純銅系では最高レベル強度、疲労特性も優れる 電極チップ材
スズ〔Sn〕系 Sn無酸素銅 HCL®-12S
[C14415]
Cu+Sn:>99.96
Sn:0.10~0.15
90 350 適度な導電率、耐熱性を有す 半導体リードフレーム
ラジエータフィン材
銀〔Ag〕系 低Ag無酸素銅 3Ag-OFC
[C10400]
Cu+Ag:>99.96
Ag:0.027~0.034
97 350 導電率、耐熱性、耐摩耗性が良好 コンミテータバー
[整流子片]
Ag無酸素銅 8Ag-OFC
[C10700]
Cu+Ag:>99.96
Ag:0.085~0.102
97 360
高Ag無酸素銅 20Ag-OFC
[-]
Cu+Ag:>99.96
Ag:0.15~0.25
97 360

化学成分は規格値です。
導電率および軟化温度は代表値です。(質別により変化します)

先端技術分野から産業分野まで、様々な用途に対応します
無酸素銅の代表的応用例。

■用途別要求特性と対応する材料
用途 電気
伝導性

伝導性
強度 加工性 ガス
放出性
耐熱性 耐水素
脆性
耐食性 接合性 酸化膜
密着性

摩耗性
適用材料
粒子加速器電子管 C1011-C1
(クラス1)
C1011
真空部材
[マグネトロン・遮断器・導波管]
C1011
超電導安定化材 CG-OFC
C1011
半導体リードフレーム C151
HCL®-02Z
HCL®-12S
ブスバー・フレキバスダクト C1020
コンミバー
[整流子片]
Ag-OFC
コイル材
[発電機・誘導炉・トランス]
C1020
トロリバー Ag-OFC
コネクタ
[接続端子・スリーブ]
C1020
通信ケーブル導体 C1020
音響設備用ケーブル導体
[LC-OFC]
C1011-C1
(クラス1)
C1011
溶接機電極材 C150
ターゲット材 C1011-C1
(クラス1)
C1011